曇っている祝日の日没はお酒を

君が思っている「クリエイター」と、大多数の人が考えている「酢豚」は、もしかすると全く違うものかもしれない。そう思ってみると、少し面白くない?

霧にむせぶ夜は素足で走る

HOME

湿気の多い水曜の朝は想い出に浸る

レフも、マジで楽しいと思うけれど、また突出していると言えるくらい好きなのがトイカメラだ。
5000円あれば小さめの物がすぐに手に入るし、SDカードがあるならパソコンですぐに見れる。
現実味や、感動の瞬間をシャッターに収めたいなら、一眼がぴったりだと思う。
けれども、その場の雰囲気や季節感を収める時には、トイカメには他の何にも歯が立たないと感じる。

余裕で歌う友達と濡れたTシャツ
何年か前の夏の真っただ中、クーラーの効いた部屋の中で冷えた飲み物ばかり飲んでいた。
私はたまに熱中症にかかっていたので、体を冷やすことが必須だと思ったからだ。
冷房の効いた室内で、キャミソール、さらに炭酸飲料にハーゲンダッツで涼しさを求めた。
だから、順調だと思い込んでいた暑さ対策。
すると、やってきた冬の時期、前の年の冬よりもひどく寒さを感じることが多かった。
外出する業務が増えたこともあるが、寒くてコンビニへすら出れないという状況。
なので、おそらく、猛暑の中の生活は真冬の体調管理にもつながると考えられる。
たくさん栄養を摂取し、偏りのない食生活を心がけるのがベストだと思う。

陽の見えない水曜の午後に読書を

その日は、沖縄へ出張に向かった。
もちろん非常に暑い!
綿の上着の上から、スーツのジャケット。
汗だくになりすぎて、スーツの背広はぼろぼろに。
泊まり先にまで到着して、洗濯機もなかったのでBODY SHOPの洗顔で綺麗にした。
夜が明けてそのジャケットはピーチの匂いがした。
スーツが痛まないかと気になったけれど、何が何でも洗うべきだと心に決めていた。

ぽかぽかした日曜の夜明けはゆっくりと
会社に属していたころ、仕事を辞めるチャンスが持てなかった。
どうしても辞めたかった訳ではないから。
チームで働く意思がなかったのかもしれない。
なぜか、ある日、ハッキリ辞めさせてくださいと言った。
こんな日に限り、いつもは若干仕事が細かいと思っていたKさんが、話しかけてきてくれた。
話しているうちに、自分の事態を知るはずもないKさんが「この仕事、しんどいよね。だけどあなたはあと少しやっていけるよ。」と言ってきた。
なぜだか胸が痛くなった。
考える事があって、会社の帰りに、教育係に辞めることを無かったことにしてもらった。

風の無い祝日の早朝は熱燗を

タイムイズマネーとは、素晴らしい格言で、だらだらしていると、本当にすぐ自分の時間が無くなる。
もっとスピーディーに業務も業務日報も終了すれば、他の事に貴重な時間を回せば効率がいいのに。
例えば、外に出たり、料理にはまったり、英会話テキストを読んだり。
とのことで、近頃はテキパキ終わらせようと心がけているが、何日出来るのか。

気分良く走る弟と花粉症
此の程、TVで、マックのチキンナゲットの食感を味わえるレシピといって流していた。
大変似ていると思って、嫁に調理してもらったが、マックのチキンナゲットの味では絶対にないけれどおいしかったですね。
なんというか衣がほんの少し違ったけれど、中身は、同じチキンなので、自分くらいの味覚ぐらいでは多少の異なるところは何とも思わずとてもおいしかったです。

陽気に泳ぐ父さんと紅葉の山

笑った顔って素敵だなーと感じるので、なるべく笑顔でいれるようにしている。
一応、場所と状況と考えて。
しかし、他人に強引に押し付けてはいけない。
つまり、一概には言えないけれど個人的な概念として。
会社にいる時はシリアスな表情で一生懸命に商談をこなしていた人が、ほころばせた瞬間。
すごーく大好き。
笑いじわある人が好き!という友人。
その気持ちも理解できるかもしれない。

気分良く自転車をこぐ父さんと冷たい肉まん
請われて、知り合いの所有地の竹の伐採を支援していたけれど、しかし、竹がとても密集していて苦しかった。
山の持ち主が山の管理を親から相続して、モウソウダケがかたまり生えていて、どこから手を入れていいかわからない状態だったそうだ。
私は、業務で利用する太い竹が手に入れたかったので、いただけることになり、ちょうど良かったが、うじゃうじゃ竹が生えた山から運び出すのも厳しかった。

気どりながら歌う父さんと擦り切れたミサンガ

以外と布は価格が高い。
娘が幼稚園に行きだすので、入れ物が不可欠だけど、えっと思うくらいただの布が価格が高かった。
とりわけ、アニメのキャラクターものの布なんて、めっちゃ高い。
特にアンパンマンの裁縫するための布がめちゃめちゃ金額がいった。
持っていく大きさのの布製の袋をどこかで購入するのが手っ取り早いし、以外と安いのだけど、農村なので、聞いてみたら、みんな、手作りだし、隣近所に販売していない。

勢いで泳ぐ姉妹と失くしたストラップ
普段、Eくんから届くMAILのなかみは、一体何を伝えたいのかほとんど知ることが出来ない。
飲んでてもノンアルコールでもいまいち理解不能だ。
しかし、E君が社内で考えたという、会社の商品の梅干しに関してと、寄付金に関する文を読ませてもらった。
意味の通じる文章を書けるじゃん!と驚いてしまった。

サイトメニュー

クマ

サイトメニュー


Copyright (c) 2015 霧にむせぶ夜は素足で走る All rights reserved.